札幌大学大学院についてABOUT

札幌大学は1967年に開学し、「生気あふれる開拓者精神」を建学の精神とし、「生気あふれる、知性豊かな、信頼される人間の育成」を教育目標として大学教育の充実をはかってきました。そして開学30周年を節目に、「情報化、国際化、学際化」に対応できる有為な人材を育成するため『文科系総合大学構想』をかかげ、大学の質を充実させる改革をすすめていくと同時に、新たな歩みを始めました。文科系の学問はそれぞれの学問領域が密接に関連し、多面的な学術交流を推進することで学際化を進めています。

すでに社会人入試、一般学生入試、留学生入試によって、確かな目的意識をもった数多くの人材を受け入れ、社会に送り出してきました。本学でリフレッシュ教育を経験した社会人は、それぞれ地域経済、行政、教育のオピニオンリーダーとして活躍しています。毎年、海外大学との研究交流も行われ、研究者や院生の受け入れ協定の整備によって国際化に資する態勢も整っています。

本研究科では、高度な専門的・実践的知識および能力を養成し、広い分野で活躍する専門職業人の更なる育成をめざしています。この文科系総合大学の実現により、札幌大学は21世紀の知のフロンティアをリードし、社会へ貢献していきます。

組織図

教育制度及び体制

ニーズに即した制度及び体制を展開

長期履修制度(社会人特別入学試験により入学した方)

長期履修制度とは職業を有している等の理由により標準修了年限(修士課程2年間)では大学院教育課程の修了が困難な場合に限り、修了年限を超えて一定の期間(3年間または4年間)にわたり計画的に教育課程の修学を行うものです。なお、この場合の3年目以降の学費・施設設備費は免除されます。

一般院生と長期履修生との学費対照表

学費 1年目 2年目 3年目以降
一般院生 入学金 150,000
授業料 700,000 700,000 350,000 ※
施設設備費 100,000 100,000 100,000
長期履修生 入学金 150,000
授業料 700,000 700,000 免除
施設設備費 100,000 100,000 免除

※ 一般院生の3年目以降の授業料は、修了要件に対する不足単位が4単位以内の場合

科目等履修生制度

大学院には入学しないものの、開講されている特定専門科目の履修を希望する方(大学卒業者)に対して、履修を可能にする科目等履修生制度を確立し、リフレッシュ・リカレント教育への要望に積極的に応えます。科目等履修によって修得した単位は、その後文化学研究科に入学した場合に、10単位を上限に既修得単位としてこれを認定することができます。

研究生制度

大学院修了後、継続して研究を深めたい方の制度であり、指導教員のもと最長2年間研究することがでます。研究期間は春学期から1年間、又は秋学期から半年間とする事も可能です。(研究期間が1年間または半年間によって応募時期が異なります)
また、他大学院修了生も応募することが可能です。

昼夜開講制

社会人の方が働きながら無理なく学べる昼夜開講制を導入
本研究科では、「大学院設置基準」第14条に定める「教育方法の特例」によって、「昼夜開講制」を採用します。開講時間は、基本的に5講時(16時20分~17時50分)、6講時(18時~19時30分)および7講時(19時40分~21時10分)としますが、社会人院生の履修に配慮して6~7講時を優先させます。また、土曜日は、1講時から6講時まで開講します。

就職支援体制

本学では、キャリアサポートセンターを設置し、徹底した就職支援を実施しています。
履歴書や志望理由書の書き方を始め、就職面談、模擬面接の実施、更には会社説明会、インターンシップ、求人情報提供などあらゆる状況に応じた支援を実施しています。

過去3年間の就職実績

年度 修了者数 帰国、その他 就職希望者 就職者数 就職率
2015年度 7 2 5 5 100%
2016年度 1 1 0 0
2017年度 5 2 3 3 100%
ページトップへ