推薦入学試験INFORMATION

経営学研究科経営学専攻

1 募集人員

若干名

2 出願資格及び推薦要件

  • 一般推薦入学試験

    本学地域共創学群経営学専攻の学生で、平成29年3月卒業見込みの者のうち、既修の学業成績が優秀で、指導教員が責任をもって推薦できる者。

  • 海外協定校外国人留学生推薦入学試験

    本学の海外協定校の学生で、学校教育における16年の課程を平成28年4月から平成29年3月までに卒業または卒業見込みの者のうち、学長等から推薦された者。ただし、経営に関する学識があり、日本語能力試験1級又はTOEFL500点以上の能力を有する者。

【主な海外協定校】

  • ネブラスカ州立大学カーニィ校(アメリカ)
  • ネブラスカ州立大学リンカーン校(アメリカ)
  • インディアナ州立ボールステート大学(アメリカ)
  • セントマイケルズカレッジ(アメリカ)
  • パシフィック大学オレゴン(アメリカ)
  • ノバスコシア州立セントメアリーズ大学(カナダ)
  • シドニー工科大学(オーストラリア)
  • ヨアネウム応用科学大学(オーストリア)
  • ラップランド大学(フィンランド)
  • オークランド工科大学(ニュージーランド)
  • 北東連邦大学(ロシア)
  • 恵州学院(中国)
  • 華東理工大学(中国)
  • 広東外語外貿大学(中国)
  • 深圳大学(中国)
  • 大連外国語大学(中国)
  • 天津外国語大学(中国)
  • 安徽工業大学(中国)
  • 中国海洋大学(中国)
  • 光州女子大学校(韓国)
  • 大慶師範学院(中国)
  • 高麗大学校(韓国)
  • 中央大学校(韓国)
  • 全州大学校(韓国)
  • 培材大学校(韓国)
  • 国立台中技術学院(台湾)
  • 嶺東科技大学(台湾)
  • 韓瑞大学校(韓国)

3 出願期間、試験日、合格発表及び手続期間

出願期間平成28(2016)年11月7日(月)~11月15日(火)【必着】
試験方法書類選考及び面接
試験日平成28(2016)年11月26日(土)
合格発表平成28(2016)年12月7日(水)
(午前10時に本学中央棟1階ロビーに掲示及び本人宛通知)
入学手続期間平成28(2016)年12月7日(水)~12月21日(水)【必着】

4 試験内容及び試験時間

区分試験方法試験内容試験時間
一般推薦入学試験書類選考研究計画書-
口述試験面接13:00~
海外協定校外国人留学生推薦入学試験書類選考研究計画書-
口述試験面接15:00~

5 出願書類 <共通事項5参照>

(1) 入学志願票・受験票(本学所定用紙:様式6)

  • 受験票には必要事項を明記し、裏面の返信部分に切手を貼ること。
  • 写真(2枚):志願票と写真票の所定の位置に顔写真を貼ること。
  • 「入学後に希望する特別演習科目(修士論文科目)」欄には、経営学研究科教育課程(「入学案内」22頁参照)の、「特別演習科目」(休講予定科目を除く)の中から、第1志望、第2志望を選択すること。

(2) 成績証明書 ※1参照 (海外協定校は和訳を添付)

(3) 卒業証明書または卒業見込証明書 ※1参照 (海外協定校のみ提出。和訳を添付)

(4) 研究計画書(本学所定用紙:様式10)

(5) 推薦書(本学所定用紙:様式15)(海外協定校は和訳を添付) ※1参照

(6) 外国人留学生の出願者は、上記の出願書類のほかに、以下の書類を提出すること。

Ⅰ. 経費支弁書または経費計画書

経費支弁者が本人の場合

経費計画書[本学所定用紙:様式21]

経費支弁者が本人以外の場合

経費支弁書(母国語および日本語の2種類)[本学所定用紙 : 様式17~20]

  • 経費支弁者(学費、生活費等の経費を払う者)自身が記入し、署名、捺印すること。
  • 経費支弁者が複数の場合には、「経費支弁書」をコピーして、その人数分の「経費支弁書」を提出すること。

Ⅱ. 預貯金残高証明書

  • 経費支弁者は預貯金残高証明書を提出すること。
  • 経費支弁者が複数の場合は、その全員分の預貯金残高証明書を提出すること。
  • 証明書発行が外国の場合には、和訳を添付すること ※1参照(A4判用紙)。

Ⅲ. 在留カードの写しおよびパスポートの写し(記載部分すべて)(日本国内からの出願者のみ提出)

Ⅳ. 住民票(日本国内からの出願者のみ提出)

Ⅴ. 日本語能力および英語能力を証明する書類(コピー可 協定校からの出願者のみ)

※1 和訳者については、出願者以外の者または機関とし、氏名または機関名を記入・捺印すること。

6 入学検定料

入学検定料 30,000円

*入学検定料は、別添の郵便振込用紙にて払い込むこと。
(ATM等での振込はお控えください。海外からの送金の場合は、研究科共通事項11を参照してください。)
*郵便振替払込受付証明書(お客さま用)を入学志願票の所定の位置に貼ること。

※なお、領収書は、郵便振替払込金受領証(本人保管)をもって代えることとする。

7 出願時の注意事項

出願書類を郵送する場合には、必ず添付の封筒を使用し速達・書留扱いとすること。
なお、大学院事務室に持参も可とします。(土曜、日曜、祝日を除く)
受付時間 9:00〜17:00

※出願書類に不備がある場合には、受理しないことがあります。
※一度振り込まれた入学検定料および提出書類は返還しませんのでご留意ください。

8 学費等納付金

研究科共通事項8「学費等納付金」を参照。

9 提出先

札幌大学 学生支援オフィス 大学院事務室
〒062-8520  札幌市豊平区西岡3条7丁目3番1号
電話(011)852-9152(直通)

10 試験場

札幌大学
所在地 : 提出先住所に同じ
電話(011)852-9152(直通)

経済学研究科地域経済政策専攻

1 募集人員

地域経済政策専攻 若干名

2 出願資格及び推薦要件

(1)本学地域共創学群経済学専攻の学生及び国内他大学の学生で平成29年3月卒業見込みの者、または卒業後2年未満の者。ただし、入学後の指導予定教員の事前の承認を必要とする。

(2)出願者は、必ず卒業論文を執筆し審査に合格しなければならない。ただし、卒業論文制度のない大学の卒業見込みの者、及び卒業論文の単位を取得せずに卒業した者の扱いは、次のとおりである。

本研究科に、所定の期日までに卒業論文に代る論文を提出し、審査により卒業論文に準じた水準のものとの認定を受けなければならない。 論文提出期日、執筆要領、審査等については、本学経済学部の卒業論文に準じるものとする。

3 出願期間、試験日、合格発表及び手続期間

出願期間平成28(2016)年11月7日(月)~11月15日(火)【必着】
試験方法推薦書、学業成績、研究計画書及び面接試験の結果を総合して判定する。
試験日平成28(2016)年11月26日(土)
合格発表平成28(2016)年12月7日(水) (午前10時に本学中央棟1階ロビーに掲示及び本人宛通知)
入学手続期間平成28(2016)年12月7日(水)~12月21日(水)【必着】

4 試験内容及び試験時間

区分試験方法試験内容試験時間
一般推薦入学試験書類選考推薦書、学業成績、研究計画書-
口述試験面接10:00~

5 出願書類 <共通事項5参照>

(1)入学志願票・受験票(本学所定用紙:様式7)
受験票には必要事項を明記し、裏面の返信部分に切手を貼ること。 顔写真(2枚):志願票と写真票の所定の位置に貼ること。
「入学後に希望する特別演習科目(修士論文科目)」欄には、経済学研究科教育課程(「入学案内」参照)の特別演習科目(休講科目を除く)から選択すること。(例:地域経済学特別演習Ⅰ、Ⅱ、環境社会論特別演習Ⅰ、Ⅱ)

(2) 成績証明書

(3) 卒業証明書または卒業見込証明書

(4) 研究計画書(本学所定用紙:様式14)

(5) 指導教員等の推薦書(本学所定用紙:様式16)

(6) 外国人留学生の出願者は、上記の出願書類のほかに、以下の書類を提出すること。

Ⅰ. 経費支弁書または経費計画書

経費支弁者が本人の場合

経費計画書[本学所定用紙:様式21]

経費支弁者が本人以外の場合

経費支弁書(母国語および日本語の2種類)[本学所定用紙 : 様式17~20]

  • 経費支弁者(学費、生活費等の経費を払う者)自身が記入し、署名、捺印すること。
  • 経費支弁者が複数の場合には、「経費支弁書」をコピーして、その人数分の「経費支弁書」を提出すること。

Ⅱ. 預貯金残高証明書

  • 経費支弁者は預貯金残高証明書を提出すること。
  • 経費支弁者が複数の場合は、その全員分の預貯金残高証明書を提出すること。
  • 証明書発行が外国の場合には、和訳を添付すること ※1参照(A4判用紙)。

Ⅲ. 在留カードの写しおよびパスポートの写し(記載部分すべて)(日本国内からの出願者のみ提出)

Ⅳ. 住民票(日本国内からの出願者のみ提出)

※1 和訳者については、出願者以外の者または機関とし、氏名または機関名を記入・捺印すること。

6 入学検定料

入学検定料 30,000円

入学検定料は、別添の郵便振込用紙にて払い込むこと。
(ATM等での振込はお控えください。海外からの送金の場合は、研究科共通事項11を参照してください。)
郵便振替払込受付証明書(お客様用)を入学志願票の所定の位置に貼ること。

※なお、領収書は、郵便振込金受領証(本人保管)をもって代えることとする。

7 出願時の注意事項

出願書類を郵送する場合には、必ず添付の封筒を使用し速達・書留扱いとすること。
なお、大学院事務室に持参も可とします。(土曜、日曜、祝日を除く)
受付時間 9:00〜17:00

※出願書類に不備がある場合には、受理しないことがあります。
※一度振り込まれた入学検定料および提出書類は返還しませんのでご留意ください。

8 学費等納付金

研究科共通事項8「学費等納付金」を参照。

9 入学許可通知

この試験による合格者には、卒業論文又はそれに代替する論文の合格判定を得た後、入学許可通知を発行します。

10. 提出先

札幌大学 学生支援オフィス 大学院事務室
〒062-8520  札幌市豊平区西岡3条7丁目3番1号
電話(011)852-9152(直通)

11. 試験場

札幌大学
所在地 : 提出先住所に同じ
電話(011)852-9152(直通)

文化学研究科文化学専攻

1 募集人員

若干名

2 出願資格及び推薦要件

海外協定校外国人留学生推薦入学試験
本学の海外協定校の学生で、学校教育における16年の課程を平成28年4月から平成29年3月までに卒業または卒業見込みの者のうち、学長等から推薦された者。 ただし、日本語能力試験1級を取得している者または日本留学試験(日本語)300点以上を有する者。

【主な海外協定校】

  • ネブラスカ州立大学カーニィ校(アメリカ)
  • ネブラスカ州立大学リンカーン校(アメリカ)
  • インディアナ州立ボールステート大学(アメリカ)
  • セントマイケルズカレッジ(アメリカ)
  • パシフィック大学オレゴン(アメリカ)
  • ノバスコシア州立セントメアリーズ大学(カナダ)
  • シドニー工科大学(オーストラリア)
  • ヨアネウム応用科学大学(オーストリア)
  • ラップランド大学(フィンランド)
  • オークランド工科大学(ニュージーランド)
  • 北東連邦大学(ロシア)
  • 恵州学院(中国)
  • 華東理工大学(中国)
  • 広東外語外貿大学(中国)
  • 深圳大学(中国)
  • 大連外国語大学(中国)
  • 天津外国語大学(中国)
  • 安徽工業大学(中国)
  • 中国海洋大学(中国)
  • 光州女子大学校(韓国)
  • 大慶師範学院(中国)
  • 高麗大学校(韓国)
  • 中央大学校(韓国)
  • 全州大学校(韓国)
  • 培材大学校(韓国)
  • 国立台中技術学院(台湾)
  • 嶺東科技大学(台湾)
  • 韓瑞大学校(韓国)

3 出願期間、試験日、合格発表及び手続期間

出願期間平成28(2016)年11月7日(月)~11月15日(火)【必着】
試験方法書類選考及び面接
試験日平成28(2016)年11月26日(土)
合格発表平成28(2016)年12月7日(水)
(午前10時に本学中央棟1階ロビーに掲示及び本人宛通知)
入学手続期間平成28(2016)年12月7日(水)~12月21日(水)【必着】

4 試験内容及び試験時間

区分試験方法試験内容試験時間
海外協定校
外国人留学生
推薦入学試験
書類選考推薦書、学業成績、研究計画書及び小論文-
口述試験面接10:00~

5 出願書類 <共通事項5参照>

(1)入学志願票・受験票(本学所定用紙:様式8)
顔写真(2枚):志願票と写真票の所定の位置に貼ること。
「入学後に希望する特論科目(修士論文科目)」欄には、文化学研究科教育課程の、「特別演習」を伴う◯印の専攻科目から、第1志望、第2志望を選択すること。
(例:第1志望 比較歴史特論ⅠA,ⅠB 第2志望 北方文化特論ⅡA,ⅡB)

(2) 推薦書(A4判用紙で海外協定校の学長等が作成したもの。和訳を添付) ※1参照

(3) 成績証明書 ※1参照 (出身大学所定のもの。和訳を添付)

(4) 卒業証明書または卒業見込証明書 ※1参照 (出身大学所定のもの。和訳を添付)

(5) 日本語能力試験1級または日本留学試験(日本語)300点以上を証明する書類(コピー可)

(6) 研究計画書(本学所定用紙:様式13)(パソコン印字可)

(7) 小論文(A4判用紙で日本語で作成したもの)
テーマ:文化学・文化研究に関するものであれば、テーマは自由。
書 式:原稿は、原則としてパソコンで作成し、400字詰原稿用紙換算20枚以上40枚以内とする。
その他:提出済みあるいは準備中の卒業論文、その他公刊された論文をもって代えることができるが、制限字数内に収め文化学文化研究に関するテーマで日本語で書かれたものとする。

(8) その他出願書類

Ⅰ. 経費支弁書または経費計画書

経費支弁者が本人の場合

経費計画書[本学所定用紙:様式21]

経費支弁者が本人以外の場合

経費支弁書(母国語および日本語の2種類)[本学所定用紙 : 様式17~20]

  • 経費支弁者(学費、生活費等の経費を払う者)自身が記入し、署名、捺印すること。
  • 経費支弁者が複数の場合には、「経費支弁書」をコピーして、その人数分の「経費支弁書」を提出すること。

Ⅱ. 預貯金残高証明書

  • 経費支弁者は預貯金残高証明書を提出すること。
  • 経費支弁者が複数の場合は、その全員分の預貯金残高証明書を提出すること。
  • 証明書発行が外国の場合には、和訳を添付すること ※1参照(A4判用紙)。

Ⅲ. 在留カードの写しおよびパスポートの写し(記載部分すべて)(日本国内からの出願者のみ提出)

Ⅳ. 住民票(日本国内からの出願者のみ提出)

※1 和訳者については、出願者以外の者または機関とし、氏名または機関名を記入・捺印すること。

6 入学検定料

入学検定料 30,000円

入学検定料は、別添の郵便振込用紙にて払い込むこと。
(ATM等での振込はお控えください。海外からの送金の場合は、研究科共通事項11を参照してください。)
郵便振替払込受付証明書(お客さま用)を入学志願票の所定の位置に貼ること。

※なお、領収書は、郵便振替払込金受領証(本人保管)をもって代えることとする。

7 出願時の注意事項

出願書類を郵送する場合には、必ず添付の封筒を使用し速達・書留扱いとすること。
なお、大学院事務室に持参も可とします。(土曜、日曜、祝日を除く)
受付時間 9:00〜17:00

※出願書類に不備がある場合には、受理しないことがあります。
※一度振り込まれた入学検定料および提出書類は返還しません。

8 学費等納付金

研究科共通事項8「学費等納付金」を参照。

9 提出先

札幌大学 学生支援オフィス 大学院事務室
〒062-8520  札幌市豊平区西岡3条7丁目3番1号
電話(011)852-9152(直通)

10 試験場

札幌大学
所在地 : 提出先住所に同じ
電話(011)852-9152(直通)

ページトップへ